LXDE


42.2 よりインストーラーから外されています。LXQt への移行と動作の不具合により、後に使用できなくなる可能性があります。


パネルにアイコンを増やす

LXDE ではパネルにアイコンを追加する方法は他のデスクトップと操作が異なります。

アイコン部分を右クリック - "アプリケーション・ランチャー" の設定 を選びます。

表示されたウインドウの左がパネル内の表示、右はメニュー一覧です。ここで追加を行って下さい。

「上へ」はパネルでいう左、「下へ」はパネルでいう右に表示される点にご注意下さい。


アイコンを右クリックしたメニューに設定があります

このウインドウでアイコンを追加して下さい



LXDE での自動起動

システム - 設定 - LXSession 向けの既定のアプリケーション を起動し、

左項目 Autostart から追加する方法があります。必ず頭に @ を付けて下さい。

これは ~/.config/lxsession/LXDE/autostart を編集するのと同等です。

 

テキストエディタを使用しなくても設定できます

頭に @ を付けるのを忘れないで下さい



root 権限でファイルマネージャを使用する

システム - LXDE コントロールセンターPCMacFM スーパーユーザーモード があります。

root 権限でファイルマネージャを起動する事ができます。

ツール - 現在のフォルダを端末で開く で root 権限で端末も開けます。


PCManFM は旧バージョンに ツール から root 権限で開く機能がありましたが、

セキュリティ対策で最新版では削除されています。


選択した後、root パスワードを入力して下さい

ホームフォルダを参照すると /root になっています