GNOME



GNOME で日本語入力できるようにする

GNOME では初期状態で Anthy・Mozc が設定されていません。言語も英語になってしまっています。

アクティビティのアプリケーション一覧にある「設定」から「地域と言語」を選択し、

言語を「日本語」、フォーマットを「日本」、入力ソースに「日本語 (Anthy)」または「日本語 (Mozc)」を加えて下さい。

一度ログアウト→ログイン、または openSUSE を再起動する事で、右上の ja 部分から選択できるようになり、

「日本語 (Anthy)」または「日本語 (Mozc)」を選んでおく事で日本語入力が可能になります。

 

「地域と言語」はこのように設定しておきます。

右上から Anthy・Mozc を選択しておけば、入力可能です。



GNOME Shell 拡張機能 (エクステンション)

GNOME Shell を使いにくいと思った場合は拡張機能 (エクステンション) を試してみて下さい。

実際、デフォルト状態のままではなく、何だかの拡張機能を追加して使用するのが当たり前になっています。

こちらのサイトから追加できます。
当初は Firefox のみで使用可能でしたが、現在は Google Chrome・Chromium でも使用可能です。

 

GNOME Shell Extensions

 

詳しい操作、主な拡張機能は次のページを参照して下さい。

 

その他メモ / GNOME Shell 拡張機能 | Linux を入れよう

 

英語のサイトですが、名前を見れば何となく……

いくつか適用してみたところ。自分好みに行って下さい。



GNOME クラシック

以前の GNOME が良かったと思う人は「GNOME クラシック」を使うのも手です。

別パッケージとなっています。gnome-shell-classic をインストールして下さい。

ログイン画面で GNOME クラシック を選択します。

GNOME Shell からエクステンションで以前の GNOME 風に表示させてあるだけですので、

メモリ使用量などは GNOME Shell と大きく変化ありません。

 

パッケージを入れると「GNOME クラシック」が増えます

以前の GNOME 風に表示されます