追加アプリケーション



Chromium・Google Chrome

Chromium は Google Chrome の派生元ブラウザです。

openSUSE ではパッケージに含まれていて、パッケージ名 chromium でインストールできます。

 

代わりに Google Chrome をインストールしたい場合は専用サイトから .pkg をダウンロードして下さい。

 

Chrome ブラウザ

 

Chromium がパッケージに含まれています。

Google Chrome は専用サイトから .pkg を入手します。



次の設定がおすすめです。

  • 起動時 新しいタブ ページを開く - ブックマークバー・Google 検索枠・よく参照するページが表示されます
  • GTK+ テーマを使用 - 他のアプリケーションと同じデザインになります。
  • システム タイトル バーと枠線の使用 を「外す」- 画面が広くなります。

Fcitx

IBus 1.5 の操作性問題から代わりに知名度を上げているのが Fcitx です。

Fcitx でも Mozc や Anthy を使用する事ができます。

スキン機能が存在するなど、Fcitx ならではのメリットもあります。

パッケージ名 fcitx-mozc または fcitx-anthy でインストールして下さい。

ちなみに Fcitx の読みは「ファイティクス」と読むようです。

 

Fcitx 正しい読み [ˈfaɪtɪks] ってなに? | ふうせん Fu-sen.

 

IBus と Fcitx 両方を入れて切り替えたい場合は、環境変数 INPUT_METHOD を ~/.i18n 内に記載します。

export INPUT_METHOD=fcitx で Fcitx、export INPUT_METHOD=ibus で IBus が起動します。
これを変更した後、ログアウト→ログインまたは openSUSE の再起動で反映されます。

 

メニューはこんな感じ。入力メソッドで切り替えられます。

スキン機能があり、入力候補の外見を変更できます。



Dropbox

openSUSE でももちろん Dropbox アプリを使用する事ができます。

パッケージは nautilus-dropbox をインストールして下さい。

 

アカウントを作ってなければ、下のリンクから作成していただくと通常 2GB の容量が 2.5GB になります。

 

Dropbox アカウントを作成 

 

ファイル数が多くなると同期の際に通知が出てきます。同期するファイルを把握できなくなるものです。

このままだと正常にファイルの更新が反映できなくなります。

記載してあるとおり、下記のコマンドを端末で実行すると改善します。

 

$ echo fs.inotify.max_user_watches=100000 | sudo tee -a /etc/sysctl.conf; sudo sysctl -p

 

多く増加したり有料で使用している場合、100000 より更に大きな値を入れる必要があるかもしれません。